パッケージの事ならお任せ下さい

事例紹介

  • HOME »
  • 事例紹介

段ボール改善の方法と改善事例

設計・材質改善後の成功例の一部をご紹介しています。

改善のポイント

    1. 小さく、薄く、軽く、多くして積載効率アップ
      • 内容品と外装ケースとのクリアランスを小さく
      • 緩衝材、固定材の肉厚を薄く
      • 木から紙に
      • 入数を多く
    2. 過剰包装の防止
    3. 規格化・共通化
      • 規格化・共通化する事により、調達コスト、管理コストを下げる。
    4. 荷役、開梱作業を減らす
      • 内容品の持ち上げ、持ち下げに負荷の少ない箱型とする。
      • 位置決め、固定に手間のかからない固定方法とする。
      • 梱包単位数を多くする。
      • トラック、コンテナーの積載、構内保管を考慮しパレット形状や梱包外寸を設定する。
    5. 積載効率を最大にして運賃の削減
    6. VA提案で現行仕様とのトータルコスト比較をおこないメリットを出す

具体例

お電話でのお問合せはこちら TEL 053-441-2014 受付時間 8:00-17:00[土・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 遠州紙工業株式会社 All Rights Reserved.