パッケージの事ならお任せ下さい

強化ダンボール

輸出用段ボールを強化ダンボールに変えてコスト削減

強化ダンボールとは…

1.材質
K320×強化200×K280×強化200×K320
AB段(W段)の材質を使用した、衝撃に強く破れにくい丈夫な段ボールです。
2.メリット
  1. 部材削減によるトータルでの資材費の原価低減
  2. 梱包作業の簡素化による工賃の削減
  3. 梱包軽量化による運賃の削減
3.特長
  1. 通常段ボールより強度が大幅にアップします。
  2. 2層(AA)段ボールと比較しますと材料費が格安です。
  3. 2層(AA)段ボールより加工が容易なため、製品代が安価でお届けできます。
     また加工が容易なため、様々な設計に対応可能です。
  4. 比較的小ロットでも対応可能です。
4.断面の違い
強化ダンボール断面
強化ダンボール断面
二層段ボール断面
二層ダンボール断面

使用例

こんな場合に使うと効果絶大!

例1
ケースの強度が足りないので胴枠や補強パット、紙管、アングルなどを使っている。
強化段ボールならば、ケースだけで必要な強度が出せます。
強化段ボールへ切り替えると部品点数が減り、梱包作業が簡素化されコストダウンできます。
例2
2層段ボールや3層段ボールを使用しているが丈夫すぎて過剰包装である。
包装の適正化が図れます。
強化段ボールへ切り替えると包装の適正化が図れ、コストダウンができます。
例3 輸出用外装ダンボール箱
輸出用外装箱通常段ボールよりも大幅に強度がアップした丈夫で破れにくい段ボールケースです。運搬の際の衝撃から中身の製品を守り、衝撃で傷がつくのを防ぐ効果があるので、輸出用の梱包にも最適です。

→ 事例紹介


例4 重量物梱包のパット類
重量物梱包のパット類重量物を梱包する際の緩衝材(補強用)等に使用できます。また、ベニヤ板などの代用品としてもお使いいただけます。

お電話でのお問合せはこちら TEL 053-441-2014 受付時間 8:00-17:00[土・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 遠州紙工業株式会社 All Rights Reserved.