パッケージの事ならお任せ下さい

遠州紙工業の歩み

遠州紙工業の歩み

1946年 浜松市砂山町において日本楽器製造株式会社(現ヤマハ株式会社)のハーモニカボックスの製造を開始する。
1947年 法人組織に改組(株式会社伊藤商店)。
学習ノートの製造および和洋紙の販売を開始。
1957年 段ボール製造・加工・販売を開始。
1962年 遠州紙工業株式会社に社名変更。
本社工場を浜松市白羽町に移転。
印刷紙器の印刷より製函までの一貫生産体制を構築。
1969年 段ボールシートの製造を開始。
1978年 自動ノート製造一貫体制設備完了。
1980年 竜洋工場を新築。
1985年 自動製函機導入。
1988年 開発部開設。
竜洋工場にて美粧段ボール「ファインボール」の製造開始。
1990年 袋井工場新築。
プラスチック段ボール(プレモ)の製造開始。
1992年 新素材鮮度保持段ボール「センドエース」を開発。
1998年 コルゲートマシン一部入れ替え、生産能力アップを図る。
2000年 保冷効果ダンボール「センドエース」を開発。
ジャンボフレキソダイカッター導入、品質向上、生産アップを図る。
2003年 西工場を増設(白羽町)
2007年 V罫線熱溶着機械を導入、プラダン加工品の品質アップを図る。
2008年 フレキソフォルダーグルーマシン「EQOS」導入。
品質、生産性アップを図る。
2012年 菊全判オフセット枚葉印刷機(2色)入れ替え。
菊全判オフセット枚葉印刷機(5色+ハイブリッドUV)新機導入
2014年 サンプルカッター入れ替え。
サックマシンを増設し、菊全判平盤打抜機とプレス機は新規導入する。
2016年 ロボットパレタイザーを新規導入して省力化を図る。

お電話でのお問合せはこちら TEL 053-441-2014 受付時間 8:00-17:00[土・日・祝日除く]

PAGETOP
Copyright © 遠州紙工業株式会社 All Rights Reserved.